Infomation


札幌駅地下歩行空間北2条広場
sapporo north2にて
「箱庭地下庭園」 公開中!
札幌都心部に
”植物のある地下室”を
HAKONIWAが創り出します。
番組時間についてはこちら

*「sapporo north2 award2015」にて、
最優秀賞を受賞致しました*

Profile

HAKONIWAは、札幌で活動する
女性写真家集団。
2002年より活動を開始し、写真展の主催をメインに、写真グループ展・各種イベントへの作品出展などの活動を行う。 現在は3名で活動中。





  HAKONIWA公式twitter  
  HAKONIWA facebook
  メールフォーム

○出展・イベントへのお誘い
(HAKONIWA/メンバー個人)は、 メールフォームもしくは
twitter @hknw_photoリプライで!

○お問い合わせ・ご感想等は
メールフォームからどうぞ!

*****

画像等の無断転用、広告・不適切な書き込みを禁止いたします。 管理者で不適切と判断した場合は、 削除いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

from ミナペルホネン

おはようございます。
前回アップした、桜の絨毯へのアクセス数に
絶賛びっくり中のようこです。


週末、東京にいる友達と久々にお茶しました。
彼女はつい最近まで、ミナペルホネンで皆川明さんのもと、
デザイナー兼プレスをしていて、
小柄ながらもやることはパワフルで、私が興味を惹かれる人のひとり。
なんとなく元judy&maryのyukiちゃんを彷彿とさせるイメージで、
会うたびに、次は何をしようと考えてるのかなーと聞きたくなります。
近々日本から出るのですが、
新天地でもたくましく、楽しく過ごしていくことは間違いなし。
ちなみに、ミナペルホネンのオフィシャルHPで
彼女の姿も動画に登場してるのでぜひ。

こないだ、出張で仙台に行ってきて、
何年も電話だけでやりとりをしていた人と初めて顔合わせをして
お互いに
「こういう顔だったんですね!やっと声と顔が一致したね」
と今更ながらはじめましてをしたり、
以前一緒に仕事をしていた人と再会したりしました。
こういうふうに歴史がつながっていくのっていいなあと感じた出張でしたが、
ミナで働いていた彼女と話していたら、
転機を自分でつくっていく独特のわくわくも楽しいんだよなーと
刺激をもらいました。


刺激といえば、
前に大丸の横を車で走っていたときのこと。
前方に、ものすごくきれいな脚の女の子が歩いていました。
うあーあの子、撮りたいなーーーーー
私のカメラ小僧っぷりが爆発。
そしたら、つい先日もまったく同じようなシチュエーションで
またその子を見かけました。
運転中だったので、さすがに声をかけることはできなかったけど
二度あることは三度ある・・はず。
写真を撮るものとして、ぴん!ときた被写体に出会ったときの瞬発力は
いつでもスタンバイさせておかないと!

今日の一枚は
好きな写真家のひとり、David LaChapelleの写真です。
ラシャペルは、主にセレブのポートレートを撮っているのですが
莫大なコストをかけて、ものすごい作り込んだセットで撮影をすることで知られています。
やることもダイナミック、写真の奇抜さもザ・アメリカン。
あっけにとられてしまう写真ばかりで、
写真集を見終わった後はおなかいっぱい。
今日はその中から、強烈にすきな一枚をセレクトしました。

0515.jpg

【 copyright David Lachapelle 「David Lachapelle」より】
スポンサーサイト

もぎたて情報

おはようございます。ようこです。
あのこともこのこともあんなことも書きたいーって思ってる間に、
相変わらず、あっという間に毎日過ぎます。
旬なことはもぎたてで綴りたいです。

札幌も、あちこちで花がきれいに咲いてますね。
通勤中にあるライラックは、毎日少しずつ花が開いて、
金曜日に見かけたときはふわんふわんになっていました。
去年、川下公園のライラックをはじめて見て、すごくきれいで感動してから、
ライラックが好きな花になりました。
満開間近で楽しみです。

先日は、大好きな百合が原公園でムスカリを見てきました。
たくさんの人で賑わってて、みんなここぞとばかりに写真撮ってました。
三脚で撮影してる人も多くて、びっくり。
それを見ていたら、先日カメラ教室の講師のお話をいただいたのを思い出しました。
もし、そういう場で人様に何かを伝える立場にあったら
私はたぶん、
一面の花に出くわしたときの高揚感を、その三脚の!その高さで!
表現できるのかいよ。
と言うだろうな、、、と思いました。
三脚を使う姿勢は素晴らしいけど、
高いカメラで三脚できっちり撮るのが、いつも正解とは限らないんですよね。
その人が、単純にきれいな写真を撮れれば満足なら、どうぞお好きに楽しんでと思うけど、
何かしら教えを請いたい、という人だったら伝え方もまた変わってくるなあと。
ポートレートを撮ったものを見れば、その人のコミュニケーションスキルも読み取れるし、
もしカメラ教室やるとしたら・・・・いろいろ楽しい想像が膨らみました。
ちなみにポートレートだったら、私はまず標準レンズで撮るように言います。
被写体へのアプローチは、レンズに任せないで自分で動け、と思うから。

週末は、用事の合間をぬって桜を見に行きました。
14317926860.png

この10日間、ずっとこの桜のことを考えてました。
盛りは過ぎて散っていましたが、その代わりに、桜のじゅうたんを踏むことができました。
ザ・ピンク!
すっごくきれいでした〜
私にとって撮影は、頭フル稼動で判断しながら撮っていくので、
終えるとすごーくすっきりはっきり、頭がしゃん!とします。
決断が苦手な私が、唯一はっきりと「コレだ」とわかるのは撮影かも。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。